1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 多様な性 受け止めて ゲイ公表 鈴木さん登壇 川崎

時代の正体 差別のないまちちへ
多様な性 受け止めて ゲイ公表 鈴木さん登壇 川崎

時代の正体 神奈川新聞  2020年01月28日 05:00

 映画を通して性的マイノリティーへの理解を深めてもらうイベント「ピープルデザインシネマ2020」が23日、川崎市川崎区の映画館チネチッタで開かれた。ゲイであることを公表している小学校非常勤講師の鈴木茂義さんがトークショーに登壇。ありのままの自分でいられる社会づくりを呼び掛けた語りを紹介する。


性的マイノリティーが安心して生きられる環境づくりを訴える鈴木さん=23日、川崎市川崎区のチネチッタ
性的マイノリティーが安心して生きられる環境づくりを訴える鈴木さん=23日、川崎市川崎区のチネチッタ

 ─カミングアウトのいきさつは。

 「子どもたちに素直で誠実であれと説きながら、自分はゲイであることを隠している。自分の在り方の矛盾に悩むようになった」

 ─怖くはなかったか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする