照明灯
胃袋

照明灯 神奈川新聞  2020年01月26日 09:19

「姉さん! 十銭で何か食わしてくんないかな、十銭玉一つきりしかないんだ」。労働者は飯を頬張る。失業した「私」も貧しい食事で腹を満たす。林芙美子の自伝的小説「放浪記」に描かれた大正時代の飯屋の光景である ▼近代の工業化と都市化で労働力は農村から都市へ集中した。「胃袋の近代」(湯澤規子著、名古屋大学出...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする