1. ホーム
  2. 社説
  3. 「MOX」取り出し 新たなリスク抱えるな

社説
「MOX」取り出し 新たなリスク抱えるな

社説 神奈川新聞  2020年01月23日 09:11

広島高裁が運転差し止めの仮処分を決定した四国電力伊方原発3号機(愛媛県)は、もう一つの新たなリスクを抱えている。 仮処分決定の直前、同じ3号機のプルサーマル発電で使い終わったプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料が取り出された。国内で初めてのことだ。 取り出された16体の燃料は再利用のめどが...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする