1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. ヘイト罰則改めて意欲 人権条例制定巡り相模原市長

時代の正体 差別のないまちへ
ヘイト罰則改めて意欲 人権条例制定巡り相模原市長

時代の正体 神奈川新聞  2020年01月21日 05:00

条例についての見解を述べる本村市長(後列中央)=相模原市役所
条例についての見解を述べる本村市長(後列中央)=相模原市役所

 相模原市の本村賢太郎市長は20日、市民団体「反差別相模原市民ネットワーク」のメンバーと市役所で面談し、ヘイトスピーチに刑事罰を科すことを含めた人権条例を制定したい考えを示した。昨春の統一地方選で選挙に名を借りた差別扇動が横行した現実を踏まえ、川崎市に続く刑事規制に改めて意欲を示した格好。ネットワークは「この問題に関する市民や議会の理解を促す活動に取り組み、市長を後押ししたい」と歓迎している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする