1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. ふれあい館脅迫事件 差別「許さない」声明を

時代の正体 差別のないまちへ
ふれあい館脅迫事件 差別「許さない」声明を

時代の正体 神奈川新聞  2020年01月17日 05:00

安全確保を求め川崎臨港署に提出された要請書
安全確保を求め川崎臨港署に提出された要請書

 川崎市の多文化交流施設「市ふれあい館」(川崎区桜本)に在日コリアンの殺害を宣言する脅迫はがきが届けられたヘイトクライム(差別に基づく犯罪)で、地元の町内会長らが16日、川崎市議会と川崎臨港署に地域の安全・安心の確保を求める要請書を提出した。利用する子どもたちからは「自分たちは殺されてしまうのか」とおびえる声が聞かれるようになり、不安感は日増しに強まっている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする