照明灯
子年

照明灯 神奈川新聞  2020年01月01日 09:35

日光東照宮を飾る「眠り猫」は、まるで今にも動きだしそうな写実性で知られる。作者は左甚五郎。伝説の彫刻職人は、落語の世界でねずみも彫った ▼ぼろぼろの旅籠(はたご)に立ち寄った甚五郎が、魂を込めてノミを握る。木彫りなのにちょろちょろと動きだすものだから大評判に。一方、向かいの旅籠は客足が止まり、金を...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする