1. ホーム
  2. 教室に行こう
  3. 横須賀市立富士見小学校(横須賀市武)

教室に行こう
横須賀市立富士見小学校(横須賀市武)

教室に行こう 神奈川新聞  2019年12月10日 10:56

伸び伸び学ぶ子支え
工夫凝らした発表会、みんなで見守り


学習発表会を締めくくった6年生による合唱
学習発表会を締めくくった6年生による合唱

 全学年による学習発表会「ふじみフェスタ」が、多彩に繰り広げられた。

 まず、3年生による鍵盤合奏・合唱が披露され、雰囲気が盛り上がる。続く1年生は、手作りのお面と衣装を身に着けて、群読劇と合奏・合唱を元気よく披露する。前半最後は5年生による米作り学習の報告だ。学習したことの報告だけではなく、全体をストーリー仕立てにしながら合唱や合奏も盛り込む。

 後半の最初は、4年生だ。福祉学習での高齢者体験を報告した後に、手話を付けて校歌を合唱する。次の2年生は、授業や休み時間の日々の学びの様子を実に楽しそうに表現する。

 そして、6年生。小学校での学びを振り返り、1年ごとに発表する。「進撃の1年」「ワンダ4(フォー)」など、学年の数字を取り入れたグループ名を付けた児童たちが、演劇仕立てで紹介していく。


どの学年も工夫を凝らして発表
どの学年も工夫を凝らして発表

 「やったー、ついにリコーダーをゲットしたぞ!」。3年生の時に新しい楽器を手にした喜びを無邪気に叫ぶ。「富士見小の最高学年として手本になるように頑張りたい」。6年生の運動会や修学旅行の成功を踏まえて、決意表明をする。そして、感動的な合唱で締めくくった。6年生たちの成長が感じられ、ユーモアにも富んだ発表で、会場は大きな拍手に包まれた。

 どの学年も工夫を凝らし、自分たちの学びの足跡を伸びやかに表現する発表であった。

 児童が退場した後の会場には、温かく和やかな雰囲気が漂っていた。それは、児童の学びを応援する、全校児童数よりも多くの保護者や地域の人たちの優しさによるものだ。伸び伸びと学ぶ児童、目的意識をしっかり持ち指導に当たる教員、そしてその様子を見守る保護者や地域の人たち。ここに、みんなでつくる学びが生まれる。

さまざまな教室から、県教育委員会の指導主事や先生らで構成する「学び見守り隊」がリポート

神奈川県教育委員会では、他にも各校の取り組みを「元気な学校づくり通信『はにい』」で紹介。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f420082/


シェアする