1. ホーム
  2. 経済
  3. 日産自動車・内田誠新社長の会見 主な発言と一問一答

日産自動車・内田誠新社長の会見 主な発言と一問一答

経済 神奈川新聞  2019年12月02日 20:22

 日産自動車(横浜市西区)の内田誠社長(53)が2日、横浜市西区の本社で就任の記者会見を行った。主な発言と一問一答を詳報する。


経営方針について話す日産自動車の内田誠社長=2日午後、同社本社
経営方針について話す日産自動車の内田誠社長=2日午後、同社本社

 2003年に入社した。日産は大きな存在だった。日本経済をけん引する自動車メーカーであり、ダイナミックな拡大展開するグローバル事業は日本の企業の今後のあり方を示していると感じた。

 日本の企業の強みと、アライアンス(連携)によるグローバルの価値観を併せ持つ日産が大きく飛躍する魅力を感じ、入社した。

 日産の(部品を調達する)購買組織での仕事が、日産でのキャリアのスタートになったが、いま話したことを肌で感じた。一人一人の能力、多様性への順応性、前へ進む力強さを感じた。日産は着実に成長を遂げたが、その中でアライアンスは大きな貢献をしてきた。部品や資材の共同購買、人材の活用などさまざまな成果を生み出した。しかし、国内工場における「完成検査問題」や「経営者不正」から明らかになり、事業の運営上の問題やガバナンス(企業統治)の問題など、大きな問題が表面化した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする