1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 「竹の声桃の花」 意味がなくても人生であり幸せ

日本文学あの名場面/田中慎弥(小説家)
「竹の声桃の花」 意味がなくても人生であり幸せ

カルチャー 神奈川新聞  2019年12月01日 10:33

川端康成は昭和四十七年に自ら命を絶つ。この短編が発表されたのはその二年前、三島由紀夫が自決した昭和四十五年。作家がどう生き、どのような死に方をしたか、といったことは、その作家が残した小説と切り離して考えるべきだとは思う。小説は小説としてただ読めばいい。私自身、自分の体験と自分が書いた小説とを必要...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする