1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 19年映画興収が過去最高見通し

19年映画興収が過去最高見通し

カルチャー 共同通信  2019年11月29日 19:47

 映画「天気の子」より((C)2019「天気の子」製作委員会)
 映画「天気の子」より((C)2019「天気の子」製作委員会)

 今年の邦画と洋画を合わせた興行収入(興収)の総額が、2016年にアニメ「君の名は。」が社会現象化して記録した2355億円を上回り、過去最高となる見通しであることが29日、分かった。映画産業団体連合会などが東京都内で開いた第64回「映画の日」中央大会で明らかになった。

 同連合会の岡田裕介常任理事は、大谷信義会長のあいさつを代読し「邦画洋画ともに大ヒットが相次ぎ、このままいけば、年間興行収入の新記録が達成される可能性は極めて高い」と述べた。

 今年公開の作品では、「天気の子」が140億円、「アラジン」が121億円、「トイ・ストーリー4」が100億円を超えた。


シェアする