1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 海老蔵が勸玄と異色の舞台

海老蔵が勸玄と異色の舞台

カルチャー 共同通信  2019年11月29日 15:29

 市川海老蔵
 市川海老蔵

 SF映画の人気シリーズ最新作「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」の12月20日公開を記念し、シリーズのファンである歌舞伎俳優の市川海老蔵と長男の堀越勸玄が東京都内で「スター・ウォーズ歌舞伎 煉之介光刃三本」を披露した。

 人物名やせりふをはじめ歌舞伎の世界に置き換えた異色の舞台で、一夜限りのイベント。

 戦士「魁煉之介」(カイロ・レン)と、かつての師「皇海大陸琉空」(ルーク・スカイウォーカー)の2役を演じる海老蔵の派手な立ち回りや、おなじみのキャラクター「C―3PO」が三味線に合わせて登場する場面などに、客席の映画、歌舞伎ファンは沸いた。

 勸玄は若き日の魁煉之介で登場した。

 公演前のあいさつで、シリーズで好きなキャラクターは「ジャー・ジャー・ビンクス。癒やされる」と明かした海老蔵。父親(十二代目市川團十郎さん、故人)と映画館で見た思い出や、自分の子どもたちがシリーズを楽しんで見ている様子を語った。

 最新作がシリーズの完結編とされることについて「これで終わるんですか? 終わるのなら、どっちの方向に行くのだろう」と展開や結末に強い関心を寄せていた。


シェアする