1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 若手職人「匠」作品、京都に集結

若手職人「匠」作品、京都に集結

カルチャー 共同通信  2019年11月28日 21:18

 若手職人の伝統工芸品などの展覧会を前に開かれた式典に臨む小山薫堂さん(中央左)、隈研吾さん(同右)ら=28日午後、京都市
 若手職人の伝統工芸品などの展覧会を前に開かれた式典に臨む小山薫堂さん(中央左)、隈研吾さん(同右)ら=28日午後、京都市

 トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は28日、47都道府県にいる若手職人の「匠」約150人の伝統工芸品などを集めた展覧会を29日から京都市内で開催するのを前に、同市左京区で式典を開いた。

 総合監修を務める放送作家の小山薫堂さんが若手職人らを前に「新しい化学反応をもっと起こしてください」とあいさつ。展覧会会場のデザインや設計を担った建築家隈研吾さんは「日本の技を世界に発信するときに、京都は玄関であり聖地になり得ると改めて認識した」と話した。

 展覧会は12月1日まで、京都新聞ビル地下1階や平安神宮などが会場。隈さんらが若手職人とコラボした作品も展示する。


シェアする