1. ホーム
  2. 選挙
  3. 海老名市長選、内野氏が5選 2新人破る、投票率51%

海老名市長選、内野氏が5選 2新人破る、投票率51%

選挙 神奈川新聞  2019年11月11日 01:24

当選確実の報を受けて、集まった支持者らと万歳をする内野氏(前列中央)=10日午後11時10分ごろ、海老名市めぐみ町の事務所
当選確実の報を受けて、集まった支持者らと万歳をする内野氏(前列中央)=10日午後11時10分ごろ、海老名市めぐみ町の事務所

 任期満了に伴う海老名市長選が10日、投開票され、無所属現職の内野優氏(64)が、無所属新人で経営コンサルタントの氏家秀太(52)、新人でNHKから国民を守る党党首の立花孝志(52)の2氏を破り、5選を果たした。投票率は51・04%で、前回の50・46%を0・58ポイント上回った。

海老名市長選の開票結果
海老名市議選も投開票 新人6人当選、N国も議席獲得

 内野氏は「多くの市民の投票をいただき、5期目の信託を受けた」と当選を喜び、5期目に向けて「選挙戦で示した政策、まちづくりを継続し、発展で得た力をこれからの少子高齢化の対応に向ける」と力を込めた。


支援者を前に敗戦の弁を述べる氏家氏=10日午後11時10分ごろ、海老名市泉の事務所
支援者を前に敗戦の弁を述べる氏家氏=10日午後11時10分ごろ、海老名市泉の事務所

 氏家氏は「(出馬表明が)遅れたということに尽きる。組織力に勝てず、市民活動の延長にこだわって(現職と)差がついた」と敗因を分析。「力足らずで(現職を)打破できなかった」と述べ、支援者らに頭を下げた。


市議選の公認候補の当選を喜ぶ立花氏(右)
市議選の公認候補の当選を喜ぶ立花氏(右)

 立花氏は「得票率は5%で、目標の10%にはほど遠く、これが自分の実力と再認識している」と語り、来年2月に予定される藤沢市長選については「自分ともう1人の候補との一騎打ちにならなければ、出ない」と説明した。


シェアする