1. ホーム
  2. 社会
  3. 振り込め詐欺防ぐ 法人会が録音機を贈呈

振り込め詐欺防ぐ 法人会が録音機を贈呈

社会 神奈川新聞  2019年11月09日 11:50

振り込め詐欺見張り隊の贈呈式
振り込め詐欺見張り隊の贈呈式

 藤沢法人会(川上彰久会長、会員数約6千社)は8日、振り込め詐欺をはじめとした特殊詐欺防止に有効な機器「振り込め詐欺見張り隊 新117」32台を藤沢市に贈呈した。

 昨年度の50台に続く寄贈で、川上会長は「振り込め詐欺が1件でもなくなり、市民が被害に遭わないよう有効に活用してほしい」とし、鈴木恒夫市長に機器を手渡した。

 贈呈式には、藤沢署の青木正浩署長と藤沢北署の森昌信署長も出席。今年は市内で特殊詐欺が88件(被害総額2億4千万円)発生するなどしている状況を説明し、高い防止効果を発揮している同機器の贈呈に感謝を述べた。

 同機器は電話着信の際、「振り込め詐欺等犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」とのメッセージが流れ、会話内容を自動録音する。同市はおおむね65歳以上の高齢者がいる世帯に半年間貸し出している。


シェアする