1. ホーム
  2. 減災
  3. 津波の危険、聴覚障害者らに知らせる手段検討 気象庁

津波の危険、聴覚障害者らに知らせる手段検討 気象庁

減災 神奈川新聞  2019年11月05日 09:26

海水浴場の利用客や聴覚障害者らに津波警報・注意報を視覚的な手段でいち早く知らせようと、気象庁が検討を始めた。県内沿岸で定着してきた「オレンジフラッグ」などの先進事例を全国に広めることが主眼だが、誰もが認識しやすい色彩やデザインへの配慮が必要な上、伝達役となるライフセーバーらの退避などクリアすべき...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする