1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 【経産相辞任】与党「信頼回復に努める」野党は辞職要求

【経産相辞任】与党「信頼回復に努める」野党は辞職要求

政治行政 神奈川新聞  2019年10月26日 08:00

会見する小泉環境相=25日午前、国会内
会見する小泉環境相=25日午前、国会内

 菅原一秀経済産業相の辞任に、県内の与野党議員からも驚きや怒りの声が上がった。閣僚は「残念」と言葉少なで、野党は「辞任は当然」と強く反発。再び噴出した「政治とカネ」を巡る問題に波紋が広がった。

「清涼剤に使われるのでは」 県内新閣僚に野党追及相次ぐ

 「あらためて襟を正し、国民の信頼回復に努めていかなければならない」。菅義偉官房長官(衆院2区)は25日午前の会見で、厳しい表情で語った。自身の側近とされる閣僚の不祥事への受け止めも問われたが、「自らの問題で報道がなされ、行政が停滞することはあってはならないと辞任を申し出たと承知している」と述べるにとどめた。

 河野太郎防衛相(同15区)は「仲間でもあり残念。しっかり説明してまた頑張っていただきたい」、田中和徳復興相(同10区)も「事実であれば残念で遺憾」と語った。小泉進次郎環境相(同11区)は「しっかり仕事をしていると理解をしてもらうことが大事だ」と述べ、信頼回復に努める考えを強調した。

 一方、野党側からは議員辞職を求める意見や安倍政権の緩みを批判する声が相次いだ。

 経済産業委員会に所属する立憲民主党の山崎誠氏(衆院比例東北)は関西電力役員らの金品受領問題を引き合いに、「自らがお金に絡む問題を抱えた人に関電問題の追及はできない。辞任は当然だ」と批判。週刊誌が報じた疑惑にも触れ「まじめに応援している有権者に大変失礼。議員辞職しなければ許されない」と語気を強めた。

 元経産官僚で国民民主党の後藤祐一氏(衆院比例南関東)は「日米貿易協定承認案の審議もあり、もっと早く辞めるべきだった」と非難。スキャンダルの有無を確認する「身体検査」の甘さを指摘した上で、「能力や品格を度外視して大臣に就けることはやめたほうがいい」と苦言を呈した。


シェアする