1. ホーム
  2. ジャーナリズム時評
  3. 戦争をどう報じるか

2019年8月の紙面から
戦争をどう報じるか

ジャーナリズム時評 神奈川新聞  2019年09月18日 05:00

「8月ジャーナリズム」という言い方がある。日本の多くのマスメディアが第2次世界大戦の敗戦(終戦)日である8月15日、あるいは広島・長崎の原爆投下に合わせて、戦争・平和にかかわる特集記事や番組を数多く報じる現象をさす総称だ。どちらかと言えば、12月の開戦でもなければ、各地の大空襲でもなく、もっぱら...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【台風19号】河川水位が各地で上昇 中小河川も危険

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】「城山ダム放流へ」流域住民、避難所に殺到

  4. 【台風19号】多摩川氾濫の恐れ、川崎市が避難指示

  5. 多摩川・鶴見川、氾濫の恐れ 台風で川崎市が避難勧告

  6. 【台風19号】城山ダム、緊急放流へ 相模川流域で浸水も

  7. 高潮の恐れ、川崎・川崎区の一部に避難勧告

  8. 横浜・瀬谷区の一部に避難勧告

  9. 【台風19号】各地に避難所開設、住民避難が急増

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、午後5時は見送り