1. ホーム
  2. 話題
  3. お正月 チャンスと酔っ払い

酒と涙と男と天ぷら(15)
お正月 チャンスと酔っ払い

話題 神奈川新聞  2019年06月28日 01:55

酉(とり)年もよろしくお願いします。借金トリは、ごめんですが…
酉(とり)年もよろしくお願いします。借金トリは、ごめんですが…

 明けましておめでとうございます。恥ずかしながら、本年もどうぞよろしくお願い致します。それにしてもお正月ってなんて便利なんでしょう。前年が多少悪い状況でも気持ちをリセットできますもんね。残念ながら借金はリセットにならないですけど、新年を新しい気持ちで迎えるってのは心がワクワクしますよね。次、行ってみよー!ってカンジですな。

 私んトコは毎年お正月になると、高校時代の友人八人とその家族が集まります。メンバーに薬剤師と医者と坊さんと生命保険マンがいるので、いつ倒れても安心です。お薬からお経までそろったこの日はみんなで徹底的に飲み明かします。飲むのはほとんど呉服屋と天ぷら屋ですけどネ。

 去年は、昔やせこけてた呉服屋の若旦那(以下ガラ)の家が会場でした。夜も更けてきたころ、電話が入りました。「モシモシ、トーちゃん! これからソッチ行っていい?」。バンドをやってるウチの二男でした。「ヒロコちゃん(ガラの娘・テレビ番組制作会社勤務・恋人募集中)にバンドがお世話になっているんでお礼を言いたい」とのことでした。

 二男の俊平のバンド(マスター・ピース)は横浜市立吉田中学の先輩でボーカルの久保田君を中心に、五年間プロを目指して音楽活動をしていました。彼らの到着と同時に、カラオケ大会が始まりました。もちろんバックはマスター・ピースです。私の十八番スタンドバイミーが歌い初め。ギターを引きはがすまで自分に陶酔し続けるガラのジョアン・ジルベルト弾き語りがやっと終わって、彼らのミニコンサートが始まりました。

 彼らの曲が終わるころ、友人の大沢が言いました。「君たち、良いじゃない。プロ目指してんなら事務所紹介してあげるよ」。ガラ「へっ! 何エラそうに言ってんだよ! この酔っ払いが!」。それはお前でしょ。ン? 待てよ。そういえば彼は某FM局のプロデューサーだっけ。

 「このお方、どなたと心得る。下がれ、下郎!」(ふと気付いた私)。「ハハーッ」(ガラ)

 友達同士って普段は職業あんまり意識してないですよね。マスター・ピースがこの某FM局で「メジャーデビューへの道」という番組に何度か出演していたとき、すぐ後の番組のプロデューサーが大沢だったんだって。お互いに顔は知ってたってんだから世間は狭いよね。

 こうしてこの日が彼らマスター・ピースの文字通り「メジャーデビューへの道」のキッカケとなったのでした。これだからお正月はお酒やめられません。

 チャンスってどこに転がっているか分かりませんよね。酔っぱらいもどこに転がっているか分からないので運転には注意しましょう。果報は道路で寝て待ってちゃダメ。今年も、次、行ってみよー!

(2005.1.3)



シェアする