1. ホーム
  2. おくやみ
  3. 洋画家の北久美子さん死去、73歳 独特の具象画

訃報
洋画家の北久美子さん死去、73歳 独特の具象画

おくやみ 神奈川新聞  2019年05月09日 04:30

個展会場で本紙のインタビューに応じる北久美子さん=1991年6月、トーヨコかなしんギャラリー(横浜市中区)
個展会場で本紙のインタビューに応じる北久美子さん=1991年6月、トーヨコかなしんギャラリー(横浜市中区)

 洋画家の北久美子さんが6日、病気のため横浜市内の病院で亡くなっていたことが、関係者の話で分かった。73歳。自宅は横浜市金沢区。二紀会や女流画家協会の委員、二紀会神奈川支部支部長を務めた。お別れの会などは未定。

 北さんは1945年大阪府生まれ。66年に二紀展初入選、90年には安井賞を受賞した。約50年にわたって横浜で暮らし、百貨店や横浜市内のギャラリーなどで個展を開いた。2008年に大阪芸術大美術学科教授に就任。13年に画集「北久美子作品集」を出版した。


神奈川新聞創業100周年を記念して北さんが制作したオリジナル作品「潮風」
神奈川新聞創業100周年を記念して北さんが制作したオリジナル作品「潮風」

 1990年には神奈川新聞創業100周年を記念したオリジナル作品「潮風」を制作。青を基調とした港と、真っ白なカモメのコントラストが鮮やかな絵画で「彼方から潮風が吹いてくる。どんな夢を、新しい世紀に運んでくるのだろう。」などと、横浜港へ思いを寄せた言葉も添えた。

 最近も後進の指導に当たるなど精力的に活動し、7日から横浜市民ギャラリーあざみ野(横浜市青葉区)で始まった「神奈川二紀展50回」(13日まで)にも出品。節目の展覧会を楽しみにしていたという。


力あり印象的作品


 美術評論家の藤島俊会さんの話 安井賞を受賞した力のある方だった。鳥などを描いた独特の具象絵画で、印象的な作品を残した。


シェアする